ARTICLES

2018/11/09 更新

歴史ある建物を丸ごと使った 旧海軍・海自ファン必見の新スポット

 明治33年に建てられたレンガ造りの建物が並ぶレトロな風景。平成28年に日本遺産の構成文化財に認定されたこの場所は、呉海軍の兵器庫として建てられ、昭和30年から民間企業の倉庫として利用されている。その中の一棟を活用して9月にオープンした『澎湃館』は、旧海軍や海上自衛隊をテーマにした新スポット。館内には、海上自衛隊の呉所属部隊『かが』『さみだれ』『さざなみ』『しまゆき』『はくりゅう』『呉警備隊』のオリジナルグッズや旧海軍グッズなどマニア垂涎アイテムから、呉市、江田島市、熊野町の特産品まで呉ならではのアイテムがずらりと並ぶ。また、ラッタルと呼ばれる階段や配管などを設置して護衛艦内をリアルに再現した自撮りコーナーは、新たなインスタ映えスポットとして注目度大。当時の姿を色濃く残す建物を眺めながら、歴史とその物語に想いを馳せる特別な時間を過ごせる場所だ。

澎湃館(ほうはいかん)

【住】呉市昭和町6-6  呉貿倉庫運輸内 ☎0823-36-6800 【営】10:00~18:00 【休】火曜 【P】アレイからすこじま駐車場利用 【料】入館料:無料